サッカークラブにおけるジュニア世代のチームは二極化されています。

 
 

クラブチームと社会体育のチーム。

 


クラブチームは平日を含め週に3~4回の活動日があり、充実した活動をしています。

  

 
それに対し、社会体育のチームは土・日のみ。

  


地域のお父さんたちが、仕事の合間にサッカーの素晴らしさや楽しさを伝えています。

  


そんなお父さんたちが今日の日本サッカーの底辺を築き支えてきました。

 

 

「ゴールデンエイジ」と呼ばれるこの世代で週に1~2回以上、

 


ボールに触れる回数が少なければ、年間で100日間もの差がでてしまいます。

 


この世代では、1日でも多くボールに触ることが大切です。

 


その100日間を充実してプレーすることができれば、

 


今以上に自分自身を表現できることで、サッカーの楽しさを感じることができるでしょう。

東京都は、足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、葛飾区、北区、中央区

江東区、新宿区、墨田区、杉並区、世田谷区、豊島区 、千代田区、品川区

埼玉県は、三郷市、草加市、八潮市

千葉県は、松戸市、柏市、市川市、船橋市、浦安市

幅広い地域からの選手が在籍しています